柴田モナカ本舗について

1772 安永元年安永元年 創業

江戸後期の安永元年、初代柴田辨治が当時幕府天領だった川之江の地に菓子司「柴田」を創業。
讃州之領主生駒讃岐守の家臣を祖先とする初代柴田辨治は、俳句をたしなみ蕉門の俳諧に遊ぶ、風流人でもあったようです。

土佐藩御用達菓子司

四国の中央に位置する川之江の地には、土佐藩の山内公が参勤交代で江戸に登る際に、お立ち寄りになられることもあり、土佐藩の陣屋もございました。
川之江にお立ち寄られた際には、弊店のモナカを召し上がっていただいたと聞いております。そのご縁もあってか、弊店は土佐藩の御用菓子司を務めさせていただきました。
その時の看板は、修復され、今も弊店の店内に陳列されています。

屋号「白賁堂」を授かる

弊店の屋号「白賁堂」は、四書五経のひとつ「易経」の中の、「白賁。无咎。」(白賁、咎め無し。)という一節にちなんだものです。
白く賁る(飾る)こと、すなわり「純白」を称えており、転じて、真っ白な心で本分(=うまい菓子づくり)に専心する、という意味が込められております。
「伊予聖人」「徳行天下第一」等と評される、儒者・近藤篤山先生(1766〜1846)につけていただいた屋号です。

1877 明治10年第一回内国勧業博覧会にて受賞

明治10年に、時の内務卿大久保利通公の主催で、第一回内国勧業博覧会が開催されました。
弊店柴田は、その博覧会にて、褒状の栄誉を賜りました。

2012 平成24年創業240年

弊店は、平成24年をもって、創業から240年を数えるに至りました。
遠く江戸時代から平成の今日に至るまで、九代の当主が襷をつないで守ってきた看板と品質。
わずか数年後に迎える、節目の250年と、その先のさらなる50年、100年を見据え、私共は、これからもこの伝統を守り続けてまいる所存です。

画像:土佐藩御用菓子の看板
土佐藩御用菓子の看板

画像:篤山塾跡
篤山塾跡

画像:現在の店舗
現在の店舗

歴史の中で受け継がれた技術を、
高め、磨きをかけることで
今日に至っております。

小槌の逸話

イラスト:小槌

柴田のモナカに
かたどられている小槌は、
お客様の幸せを願う「幸せの小槌」です。

それは弊店の四代当主のころ。
当主の奥方が、ある夜、おかしな夢を見たそうです。

「どこそこの松の木の下に、こういう物が埋めてあるから、掘り出して来るように。」

「それは、家を守ってくれる大切な物。勤勉を心がけ、一生懸命働けば、きっとお家は安泰であろうから、
大切にするように。」

奥方が夢のお告げに従い、松の木の根元を掘ると、
言う通りの小槌が現れました。

それ以来、小槌は、家を守る宝となり、同時に、
勤勉の標ともなりました。

そして柴田モナカにも、皆様の幸せを願う標として、
小槌がかたどられているのです。

受賞歴

1877年第一回内国勧業博覧会受賞
1925年今上陛下御銀婚式奉祝記念 全国特産品博覧会 進歩壹等金賞牌
1926年奉祝皇孫御降誕 全国優良品種博覧会 有効銀賞牌
1927年菓子新報社主催 全国名産菓子審査会 銀牌
1969年靖国神社創立御百年 銘菓献上之証
1973年第十八回全国菓子大博覧会 大臣賞
1998年第二十三回全国菓子大博覧会 栄誉無鑑査賞
2008年第二十五回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞

画像:受賞多数 その他、多数受賞

  • 画像:賞状
  • 画像:賞状
  • 画像:賞状
  • 画像:賞状

お問い合せ

  • 0896-56-2232
  • 0896-56-6138
営業時間 8:00〜20:00(元旦のみ休業)
所在地 〒799-0101
愛媛県四国中央市川之江町1794-1
駐車場 市営無料駐車場有